News & Topics

「致知一日一言」

2012.02.15
「致知一日一言」

聖光学院野球部監督・斎藤智也氏と『致知』2月号で対談されている深井浩司氏。

新潟の離島にある佐渡高校を、昨年の夏に初の甲子園出場へと導いた深井氏は、

全60か条から成る「選手心得」をバイブルに選手を指導してきたといいます。

野村克也氏も絶賛したという「選手心得」とはいかなるものか。


私が監督になって気づいたのは部員の日常生活の乱れでした。

挨拶ができず、遅刻をしたり、授業中に居眠りをしたりする生徒が大勢いる。

そこで日頃の行動規範などを定めて部員全員に配り、毎日唱和させることにしたんです。

練習や試合の心構えなど60か条を記したもので、もともとは私の母校の恩師だった中村良隆先生が作られた66か条を現代風にまとめ直しました。

高校野球は人間教育の場であるという基本線を踏まえながら、師弟が一体となって甲子園を目指すものだという考えの下、60か条を「一般心得」「練習心得」「試合心得」「生活心得」の4つに分類したんですね。

野村克也さんが「負けに不思議の負けなし」と言われますが、試合の敗因は必ずこの中に隠されていると考えています。

例えば「グラウンドの恥はグラウンドで返せ。言い訳、詫びる言葉は厳に慎め、自己の責任解消は口で談ずるべきではない」。

悔しい思いをしたら言い訳をするのではなく、一回でも多く素振りをしたり、一球でも多く捕球の練習をする。そういう見えない努力を重ねなさいということですね。

他にも「球場に足を踏み入れたら気力で相手に勝て、一に闘志、二に闘志、三に気合、余力は残すな」

「チャンスは必ず生かせ。次のチャンスは期待するな」

「同じ投手から二度負けるな。研究して、打ち崩せ、これが根性だ」

「勝負の厳しさを知れ、理屈は通らない、結果だけが評価される。高校野球は人生と同じ一本勝負である」などがあります。

私は技術が6で気持ちが4のチームと、技術が4で気持ちが6のチームがあったとしたら、後者が勝つのが高校野球だと思うんです。

平凡なことを習慣化して取り組めば大きな力になる。

きょうは気分がいいから元気を出すけど、別の日は嫌なことがあったから声を出さない、といった気まぐれは絶対にいけない。

そういう日常の心得をこの中に込めたつもりです。

  • ← 前ヘ
  • HOMEへ戻る
  • 次へ →

News & Topics 一覧

2016.03.01
3月定休日
2016.01.07
2月定休日
2015.01.01
1月定休日
2014.12.12
12月定休日
2014.11.01
11月定休日
2014.09.01
9月定休日
2014.07.01
7月定休日
2014.06.01
6月定休日
2013.08.07
新色入荷
2013.07.27
プルーン

一覧を見る

schedule

2016年03月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

2016年02月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829




この色は休業日です

Information

ヘアースタジオピックアップ
〒930-0952
富山県富山市町村2-2

富山市で美容院、ヘアーサロンをお探しならPick UPへ!個性的なスタイルをご提案いたします。
TEl 076-423-8155
Mail Form

Opening  hours

平日 9:00~19:00
エクステ / 縮毛矯正 17:00まで
パーマ / カラー 18:00まで
カット18:30まで
日曜・祭日 9:00~18:30
エクステ / 縮毛矯正 17:00まで
パーマ/カラー 17:30まで
カット18:00まで
定休日
月曜、第3日曜
  • 友だち追加